思考を停止させるメリット

あなたは思考停止を自覚したことはありますか?

思考停止とは文字通り、
思考が停止すること。

つまり、
考えられない状態になることです。

ですから、
一般的には

「思考停止してはいけない!」

と、思考停止は良くないことと言われています。

逆に、

「私は考えすぎて上手くいかない」

という人もいます。

そういう人は、

「考えないようにしよう!」

と単純に考えがちですが、
問題は考えすぎていることではなく
考え方が間違っていることがほとんどです。

ですから、
考えることを止めたらかといって、
それで上手くいくのは偶然でしょう。

では、
思考停止することがプラスになる時は、
どんな時でしょうか?

それは、
人生でとてつもなく理不尽な目にあった時です。

それ以外については
被害者意識を持たずに
正しい思考法で考え抜かなければ
事態は好転しません。

人生でとてつもなく理不尽な目とは、
例えば震災被害などです。

「どうして何も悪いことをしていないのに!」

とどこにもぶつけることができない怒りを感じたり、
大切な人を失った喪失感に襲われることでしょう。

そんな時に、

「どうして震災被害に遭ったのか?」

ということを考えてもなかなか答えは見つかりません。

もちろん、
精神が強い人や
魂のレベルが高い人なら

「これも自分が生まれてくる時に予定していた学びのためのイベント」

と意味を見出し活力にすることができるのかもしれませんが、
普通の人には難しいでしょう。

震災で大切な人を失って失意の底にいる時に、

「神様は乗り越えられない試練は与えない」

みたいな名言を聞かされても、

「いやいや、私は乗り越えられないから、こんな理不尽な試練なんて与えないで!」

って言いたくなるでしょう。

どう考えても理解できないことがあるのが人生。

どう考えても過失0%のもらい事故とか、
原因不明の重病とか、
通り魔に遭うとか、

「何かの天罰が下ったのか?」

みたいに無理やり理不尽な被害の原因を探しても
気持ちはちっとも晴れません。

そんな時は、

「今は、ひとまず保留にしておこう」
「いつかわかる時が来るかも知れない」

と、そのことについて

「考えない」

というように考えることが大切です。

感情に任せてしまうと、
考えてもマイナスにしかならないことを
いつもまでもウジウジ考えてしまいます。

「何を考えて、何を考えないか?」

ということを考えることができれば、
ある対象について意図的に思考停止をし、
それ以外の対象について思考を巡らせることに力を注げます。

「考えすぎて上手くいかない」

というタイプの人は、

「何ついて、考えるか?」
「どう、考えるか?」

という部分の考えが足りないことがほとんどです。

ですから、
考えても仕方ないことを考えてしまったり、
間違った考え方で考えて間違った結論を出したりするため
上手くいかないだけなのです。

決して考えること自体が上手くいかない原因ではありません。

むしろ、
考えが浅かったり
考える方向が違ったり
考えが足りない場合がほとんど。

人間、
一度に考えられることって限られますから、
考えても無駄なことを考えないという思考は
非常に重要なのです。

人生でとてつもなく理不尽な目についてもそうですが、
逆に自分の人生と全く関係ないこと、
例えば、

「あの芸能人って本当に不倫してたのかな?」

みたいなゴシップも考えても無駄ですしね。

大切な考えるべきことにしっかりと思考力を使うためにも
考えるべきでないことが何かを考えて、
その対象については思考停止することが大切です。

 

 

幸せを邪魔するものを意識から切り離す

 

 

ランキングに参加しています!
ためになったと思ったらぜひクリックをお願いします。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓


哲学・思想ランキング

 

 

 

ブログの更新情報や各種イベント情報、
無料の断捨離ヒーリングの案内などをお受け取りになりたい方は
ぜひメルマガへのご登録をお願いいたします。

 

 

Meta Frontiers〜高次元の境地〜 断捨離ヒーリング®

コメントをどうぞ

メールアドレス (必須・公開されません)
コメント本文

  • 投稿いただいたコメントは、管理者のチェック後掲載しておりますので、即時には反映されません。

人生を変える漢方薬

お金と人間関係の問題を副作用なく根本から変える方法

出版物

電子書籍『捨てるが勝ち:小学生でもわかる幸せのために捨てるモノ』  Amazon Kindle 哲学・思想部門の売れ筋ランキング 有料版で第3位を記録しました!